ゆるいんぐりっしゅ for Kids

元こども英語講師で2児の母が簡単な英語指導方法を紹介したり、幼児英語教育について考えたり、育児日記を書いたりする自由なブログ

英語で遊ぼう!~福笑い~

今回ご紹介するのは工作も交えた日本でもおなじみのゲームです。

目隠しをして顔を完成させるゲーム覚えてます?

出来上がった顔がおかしくて腹を抱えて笑った記憶があります。

日本語でやって楽しいなら英語でやっても楽しいに違いない!

ではやってみましょう!

 


 

福笑い

レベル:初~中

 

用意するもの

・土台で使うの大き目の紙。何色でも。

・えんぴつやクレヨン

・はさみ

 

事前準備

・顔のパーツを英語で覚えながら一緒に作る

一緒に作るのが一番のポイントです。

・紙に輪郭と眉を書きこむ

 

EYE

(1つだとアイ・2つ一緒だとアイズだよ、とsの使い方をゆるく教える。

理解しなくてもよし)

EAR(同上)

NOSE

MOUTH

(なるだけthの発音を研究!マ・ウ・スではなくマウっTH)

 

子供のレベルに合わせて単語は用意してください。

EYEBROWSはハードル高いのでフレーズでは使いません。

輪郭と一緒に先に土台の紙に書かせちゃいます。

 


 

ゲーム開始!

 

英会話スクールに行けば

”Cover your eyes with this towel,

then go around around aroundなんとかかんとか!"

と先生がリードしてくれますが、ここは日本語でいいです。

楽しくゆるく。

 

目隠しをした子供をくるくる回したら

「はい!EYE」と言って目のカードを渡します。

(EYEと復唱させるのもお忘れなく)

全部のパーツを置き終わったら

 

OK! OPEN!

おぉぉーーぷぅぅぅぅんん!と面白おかしく

OPENと言って目隠しを外す。

子供はひらいたりあいたりするのがOPENなのかな?

と何となーく覚えてくれるかも知れないので、

何度もしつこくOPEN使ってください(笑)

 

※もしあればここで作成した顔のパーツをラミネートすると

永遠に使いまわせるのでオススメです。

機械自体は選ばなければ5000円でお釣りがきます。

何度も書き直したりする手間が省けるし他のゲームでも使えます。

あとは子供が学校から持って帰ってきた絵とかもラミったり・・

結構使えます。