ゆるいんぐりっしゅ for Kids

元こども英語講師で2児の母が簡単な英語指導方法を紹介したり、幼児英語教育について考えたり、育児日記を書いたりする自由なブログ

納得いかない!英語教室の授業内容

 

平成最後の晩餐は長男の食べ残した親子丼でした

おはようございます。新元号!令和!

 

今日は幼児英語教室でよく聞く親御さんからのご意見です。

 納得いかない!英語教室の授業内容です

 

「うちの子、いつも塗り絵や工作を家に持って帰ってくるんだけど・・アナタ達本当に英語教えてるの?!」

 

はいっ!一生懸命教えてます!

持って帰ってきた物だけを見ると たかが塗り絵やんけと思うかもしれません。

実際のお教室の様子はこんな感じ⇓だとイメージしていただけたら。

 


 

大体の塗り絵はこんなかんじで

Colour by letters/numbersといいます。

f:id:bilingual-obasan:20190501095545g:plain


絵を線で区切った中に

アルファベットや数字がびっしり

これが結構複雑で、ただ無心&無言で塗り絵をしているわけではありません

この塗り絵をDLしたフリーサイトはこちら

Puzzles,etc の目次からcolour by numbersのページへ。

 


 

先生「ハイC塗って~ハイ次はT~はい、おわり」

ってかんじを想像してませんか?

ちがいます。

実はこれで授業がひとつできちゃうくらいの

威力が塗り絵にはあります!

 

例えば

①色鉛筆を貸してください、のフレーズ ”Pink please,”等

②Cが全部で何個あるのか数える (数字の歌も交えて)

③猫の体のパーツクイズ

数とアルファベットとを指定して課題を出す"Colour 5 C with Orange "

 


 

いかがでしたでしょうか。

お手元の作品は子供たちが一生懸命リスニングをして、たくさん英語で数えて

それを色に収めた大事な大事な1枚です。

 

 たかが塗り絵、されど塗り絵。